役員紹介

代表取締役社長 熊谷聖司

代表取締役社長

熊谷 聖司

-Masashi Kumagai-

1976年生まれ。2000年にデジタルデータソリューション株式会社へ入社。更に2003年役員に就任。2004年にデータ復旧事業(ブランド名:デジタルデータリカバリー)の立ち上げを行う。近隣アジア諸国やヨーロッパ・北米のデータ復旧企業や、研究者と共に技術開発に取り組み、過去5ヶ国へ計10回以上赴き、デジタルデータリカバリーの技術向上に注力した。
事業部長としても手腕を振るい、事業拡大を積極的に行う。2007年に国内データ復旧市場にて日本一の実績を獲得以来(※)、11年連続で日本一の座を守り続け、業界にて確固たる地位を築き上げた。現在も海外オフィス出店・地方出店等勢力的な展開を続けており、新規事業立ち上げプロジェクトも進行させるなど、勢いは衰えない。
2014年9月にDDS代表取締役に就任。
2018年1月に日本HDD協会(IDEMA)データ復旧部会 会長に就任
※東京商工リサーチ調べ

取締役 上谷宗久

取締役

上谷 宗久

-Munehisa Uetani-

1974年生まれ。2000年精密研磨材メーカーのMipox株式会社入社。
同社台湾支店長や海外子会社の代表取締役を歴任するなど、豊富な海外経験を持つ。
2012年同社の取締役営業本部長として、世界戦略立案遂行・同業他社のM&Aで辣腕を振るい、同社の売上上昇の立役者となる。
2017年3月デジタルデータソリューション株式会社取締役就任。

取締役 谷内周平

取締役

谷内 周平

-Shuhei Taniuchi-

1975年生まれ。2000年インターネットオーナーズ株式会社(現デジタルデータソリューション)入社。
2002年8月取締役就任。複数事業責任者を歴任後2010年退職。以降、外資系事業会社の責任者、上場企業子会社の代表取締役を務めるなど豊富な経験を持つ。
2015年デジタルデータソリューション株式会社データ復旧事業部長就任。
2016年9月デジタルデータソリューション株式会社取締役就任。
2017年12月同社取締役再就任。

取締役 吉田大輔

取締役

吉田 大輔

-Daisuke Yoshida-

1975年生まれ。2000年インターネットオーナーズ株式会社(現デジタルデータソリューション株式会社)入社。
2009年大手IT企業入社。営業部門の事業部長として事業部運営を行う。
2017年6月デジタルデータソリューション株式会社入社。データ復旧事業部長就任。
2017年12月デジタルデータソリューション株式会社取締役就任。

取締役 安藤隆春

取締役(社外取締役)

安藤 隆春

-Takaharu Ando-

1972年警察庁入庁。
群馬県警察本部長、警視庁公安部長、警察庁長官官房長、 警察庁次長を歴任した後、2009年に警察庁長官に就任。 2011年退官。
2013年株式会社ニトリホールディングス社外取締役(現任)
2014年株式会社東横イン社外取締役(現任)
2016年株式会社アミューズ社外取締役(現任)
2017年8月デジタルデータソリューション株式会社取締役就任(社外取締役)。

監査役 佐々木修

監査役

佐々木 修

-Osamu Sasaki-

1978年興亜火災海上保険(現損害保険ジャパン日本興亜)入社。
2009年同社執行役員へ就任し、2011年常務執行役員へ就任。 2014年損保ジャパン日本興亜ビジネスサービス(株)の代表取締役社長就任。
2016年損害保険ジャパン日本興亜株式会社顧問就任。
2017年6月デジタルデータソリューション株式会社監査役就任。

監査役(社外監査役) 上野亨

監査役(社外監査役)

上野 亨

-Toru Ueno-

1997年ソフトバンク株式会社(現ソフトバンクグループ株式会社)入社。
1999年株式会社SBI証券へ移り、約16年従事。
2015年2月に株式会社うえるを立上げ、代表取締役就任。
2016年11月デジタルデータソリューション株式会社監査役就任(社外監査役)。

監査役(社外監査役) 小林卓司

監査役(社外監査役)

小林 卓司

-Takuji Kobayashi-

日本ベンチャーキャピタル株式会社 投資部門 ベンチャーキャピタリスト
2015年12月 デジタルデータソリューション株式会社監査役就任(社外監査役)。

監査役(社外監査役) 松本高一

監査役(社外監査役)

松本 高一

-Kouichi Matsumoto-

2003年株式会社AGSコンサルティング入社。
会計コンサルタントとして活躍した後、 2006年新光証券株式会社(現 みずほ証券株式会社)入社。
2012年株式会社プラスアルファ・コンサルティングに入社し、 CFOとして管理部門を統括する。
2014年SMBC日興証券株式会社を経て、2017年株式会社 アンビグラムを立ち上げ、代表取締役就任。
2017年9月デジタルデータソリューション株式会社監査役就任(社外監査役)。

監査役(社外監査役) 伊原秀明

技術顧問

伊原 秀明

-Hideaki Ihara-

ネットエージェント社を経て2014年8月ラック入社。
同年よりサイバー救急センターにて、緊急対応サービス「サイバー119」に携わる。
2018年4月よりAdvanced Cyber Threat Research Center(ACTR) Threat Hunting Team (THT) に所属し、セキュリティサービスの高度化に従事。
日本におけるデジタル・フォレンジックの第一人者で、ラックセキュリティアカデミーの講師も務める。セキュリティに関する著書・講演も多数。2004~2006、2017年にはセキュリティキャンプ全国大会の講師として未来ある若者の指導にもあたっている。
2018年4月デジタルデータソリューション株式会社技術顧問(株式会社ラック所属)
*「サイバー救急センター」は株式会社ラックの登録商標です。